サイトメニュー

申立書を作成する

女医

申請の際の留意点

障害年金のうち、障害基礎年金は、障害認定日において、障害の状態が1級あるいは2級に該当しなければなりません。また、障害厚生年金であれば、1級から3級、障害手当金のいずれかに該当する必要があります。しかし、うつ病の場合、発病からしばらくは本人がうつ病だと気づかず、内科や諸症状に合わせた診療科を受診しているケースも多いです。この場合でも、障害年金の制度では、後にうつ病だと診断されれば、最初に医師にかかった日が初診日認定されます。ですが、病気だという自覚はないので、体調不良であるものの、仕事には差し支えない程度で働ける状態にある人も多いです。そのため、障害認定日時点では、障害等級に該当するほどではないという判断がなされることがあります。このケースでは、諦めてしまいがちですが、その後、日常生活や労働にも影響を与えるほどうつ病が重症化した場合には、障害等級に該当する可能性が高いです。その時、事後重症という形で請求をすることができます。その他、うつ病は再発を繰り返しやすく、一定期間、社会復帰をはかった後の再発であれば、再発日を初診日認定し、その時点で障害等級に該当すれば、申請も可能です。

うつ病により障害年金の受給申請を行う際、提出する書類には医師に作成してもらうものと自分で作成するものがあります。自分で作成する書類には、病歴・就労状況等申立書があります。以前は区別されていましたが、現在は、障害基礎年金、障害厚生年金ともに同じ様式の書類です。これは、うつ病を発症した時から現在までの経過を本人が申し立てる書類です。主な内容としては、発症した時の状況や受診履歴と治療の経過、日常生活の状態を記述します。記述する際の注意点は、医療機関を受診していなかった期間も含めて、経過がよくわかるように書くことです。加えて、診断書との整合性がある内容となっているかを確認します。前者に関しては、うつ病だとはわからずに医療機関を受診していなかった期間に関して、どうして受診していなかったのか、当時の自覚症状や日常生活の状況などを具体的に記入します。うつ病の症状によっては、これをまとめあげるだけでも苦痛かもしれません。いきなり、障害年金の受給申請に必要な診断書を医師に作成してもらうのではなく、まずは、自分の病歴について箇条書きでもいいのでメモしていくことが大事です。家族にも協力してもらいながら作成していきましょう。