サイトメニュー

まずは情報の確認しよう

男医

仕組みや費用の相場を知りたい

精神的に病気にかかる人も少なくありませんが、最近はうつ病になった場合に障害年金がもらえる可能性があります。本来障害年金は、長期的に入院している人や大きな怪我などをして社会復帰できない人のために設けられた仕組みになります。これは、憲法にある最低限度の生活を保障するものと考えて良いでしょう。これは、入院や怪我に限らず、うつ病でも適応することが可能になるわけです。その仕組みを見てみると、3種類の等級が用意されており、1級が1番重度なものになります。これは、1人では生活をすることが難しい状態の時に認定されます。それに、2級と3級もありますがこれは1級ほどでは無いけどもまともに会社に行けない場合などに適用されます。ちなみに、年金が出るのは会社員の場合は1級から3級まで全てになりますが、アルバイトや自営業の場合は2級までしか出ませんので注意しなければならないでしょう。つまり、例えば自営業者やアルバイトが精神的なダメージを受けてうつ病になってしまったとしても3級が認定されてしまうと、障害年金がもらえなくなります。

うつ病になったときの障害年金の相場ですが、一般的には1年間に75万円から90万円前後ぐらいになります。当然1級の場合には1万もらうことができますが、その中でも会社員ならば90万円短い位もらうことができるのが特徴にあります。うつ病の障害年金で知っておきたい情報としては、子供がいる場合にはその分を支給される可能性があることです。相場としては75万円ぐらいしかもらえなかったとしても未成年を子供がいる場合は、その分だけ加算される可能性があります。ただし、あくまで子供の分は子供が働いているわけではありませんので、仮に未成年の子供が1人いた場合でも、合わせて150万円ほどもらえるような事はありません。これはアルバイトや自営業の場合に限りますが、もし会社員の場合にはそれ以上のお金をもらえる可能性があります。どのような可能性があるかと言えば、配偶者がいる場合です。配偶者が働いていれば減額される可能性はありますが、配偶者が働いておらず専業主婦の場合はそれなりのお金をもらうことができるでしょう。