サイトメニュー

年金をもらうためには

悩む男性

種類や準備方法を理解しておく

うつ病で障害年金をもらう場合には、いくつかの種類があることを理解しておきましょう。まず、うつ病の障害年金の金額は等級によって分かれるところです。1級から3級まであるのが基本です。このとき注意しておきたいのは、国民年金に加入している場合は1級と2級の場合しかもらうことができません。つまり、3級に認定された場合にはもらえないため、注意をしなければならないところです。一方、厚生年金を受け取っている場合に関しては、1級から3級までもらうことができるのが特徴になります。これらの等級はどの程度の状態かによって分類される所です。1級に認定されるためには、自分の一人で生活することが難しいことが必要になるでしょう。例えば、食事を作る場合や買い物に行く場合などもなかなか自分で行うことができない場合には、1級に認定されています。部屋の中から出てこられないぐらい、世の中に対して恐怖を感じているような心理状態です。これに対して2級は、自力で生活をすることができるけどもそれが著しく困難な場合です。3級は2級よりも程度は軽いものになります。

障害年金をもらう場合、どのような準備をしたらよいかは気になるところです。基本的に、障害年金の申請をするにあたってはうつ病であることの証明が必要になります。これを証明するためのものが、診断書になります。診断書は、必ず提出しなければなりませんが、何も自分で書くものではありません。通常は、うつ病を認定した病院の医師が書くものになります。このとき注意したいのは、実際の状態と診断書に書かれている状態が一致していることです。例えば、自分の中で状態がひどいと感じていても、強がりをいって「なんとが自力で生活することができます」などと伝えてしまうと、診断書にその程度のうつ病だと書かれてしまう可能性があるでしょう。そうすると、1級や2級はおろか3級にすら認定されない可能性が出てきてしまいます。このように、実際の状態よりも軽く医者から認知されている場合や、逆に実際には軽いけども診断書の内容はとても重いうつ病だと書かれている場合のように、事実と診断書の間に齟齬が生じている場合は、却下される可能性もあります。そのため、正確な内容を書いてもらうことと、正確な内容を伝える努力をしましょう。