サイトメニュー

経済的な負担を減らせます

医者

病気の状態によっては受給が出来ます

うつ病は増加傾向にある精神疾患ですが、気力や意欲の減退、自殺念慮、気分の落ち込みなどの症状が見られます。病気が長引くと、日常生活や就労に悪影響が出てしまい、一時的に休職をしたり、入院が必要になったりすることもあります。うつ病が原因で働けなくなると、経済的な不安を感じている人がほとんどです。病気の程度によっては、障害年金を受給することが出来ます。うつ病の障害年金は、一級が一番重く、3級は比較的症状が軽い状態です。申請をすると受理されるのではなく、日本年金機構が定めている基準を満たしている必要があります。初めて受診をした日に、国民年金や厚生年金に加入をしているのが条件になっています。国民年金を納めている人は、市役所の年金課、厚生年金を納めている人は、日本年金機構などで申請が出来ます。医師の診断書や就労状態申し立て書、病歴などを書いた書類の提出が必要です。住民票や戸籍謄本なども準備をしておく必要があります。書類に不備があると受理されないので、必要事項をきちんと記入をしておく必要があります。

うつ病の障害年金は、1級と2級の場合にお金を受け取ることが出来ます。障害年金1級の場合は、常に人の介助が必要だったり、症状が重く仕事や就労などが出来ない状態です。2級は着替えや入浴、家事などは出来るけれど、就労に著しく制限を受けている状態です。うつ病で障害年金を受給するためには、入院期間やデイサービスなどの利用状態なども、審査の基準になっています。日本年金機構の認定基準を満たしている場合は、一定の金額のお金を受給できるので、経済的な負担を減らせるなどのメリットがあります。辛い症状がなかなか改善せず、あせりや不安を感じている人は、病院の受付やケースワーカー、医師などに相談をしてみると良いでしょう。障害年金が受給できる場合は、写真付きの受給者証を受け取ることが出来ます。3級の場合でも受給者証や手帳などは発行してもらえます。国民年金や厚生年金を支払っていない場合は、障害年金を受給するのは難しくなるので注意をして下さい。市役所の窓口や、日本年金機構などに相談をしてみると良いでしょう。